タブファイラー開発ブログ

Tablacus ExplorerやX-Finderの作者のブログ

アドオンの切り替え(Add-on switcher) アドオン - Tablacus Explorer

アドオンの切り替え(Add-on switcher)はボタンやメニューでアドオンの有効・無効を切り替えるアドオンです。

アドオンの切り替えをインストールするとタイプに「Addon switcher」が追加されます。

f:id:tablacus:20170201224112p:plain

オプションの参照を押すとアドオンの一覧が表示されます。

f:id:tablacus:20170201224211p:plain

表示されたら切り替えるアドオンを選びます。

f:id:tablacus:20170201224323p:plain

選択するとオプションにアドオンのコードが入力されます。

f:id:tablacus:20170201224359p:plain

いつものように「追加」や「置換」を押して「OK」を押せば「上へ」のアドオンの切り替えボタンができます。

 

アドオンを無効化させる場合は、アドオンのコードの後ろに「,0」を入れます。

複数のアドオンを同時に変更することもできます。

「戻る」と「進む」を無効にする設定は以下のようになります。

f:id:tablacus:20170201224712p:plain

アドオンを無効化させる場合は、アドオンのコードの後ろに「,1」を入れます。

「戻る」と「進む」を有効にする設定は以下のようになります。

f:id:tablacus:20170201224811p:plain

あるアドオンを無効にして、別のアドオンを有効にする設定ももちろん可能です。

Windows 10 Insider Preview入れてみました。

TwitterWindows 10 Insider Previewで以下のような不具合報告があったのでWindows 10 Insider Preview入れてみました。

 試行錯誤してみたところ、表示を一時的に詳細表示以外にして詳細表示にするとちゃんとした位置に表示できるようになったのでTablacus Explorer 17.1.11で調整しています。

ただ、このInsider Previewは他にもアドオンの交互縞(ストライプ)と相性が悪く、リネーム後や更新でカラムヘッダが消えます。

ということでフィードバックHubに報告していますが、こういうのは人数が多い方が良いのでInsider Previewを入れていて不具合が出ている方は「そのコメントに一票」をお願いします。

フィードバックHubのフィードバックで並べ替えを最新にして、区分をファイル、フォルダー、オンライン ストレージにすると探しやすいと思います。

f:id:tablacus:20170112222516p:plain

そして、昨日、Windows 10 Insider Preview 15002がインストールされました。

直ってたら良いなと思っていたのですが、まだ報告してなかったので直ってないです。

タブの切り替えで固まったり、開発ソフトのMicrosof Visual C++ 2008が検索するだけで落ちまくったりめちゃくちゃ不安定になりました。

リリース版までにはまともになってほしい。

ペイン毎のバー、インナー バー(Inner bar) - Tablacus Explorer

インナー バーはペイン毎に表示されるバーです。
「Inner 上へアドオン」

f:id:tablacus:20161207213342p:plain

左右分割なので右にも左にも「上へ」ボタンが表示されています。

アドレス バーもInner パンくずリストアドレスバーなので左右に表示されています。

 

インナー バーに表示されるアドオンの一つは「Inner 上へ」の様に前に「Inner」が付いたアドオンです。

f:id:tablacus:20161207213314p:plain

もう一つの方法はアドオンの「位置」で「Inner bar」にチェックする方法です。

「プロパティ」のアドオン

f:id:tablacus:20161207214205p:plain

こんな感じ

f:id:tablacus:20161207214609p:plain

ただ、すべてのアドオンが「Inner bar」を指定できるわけではありません。

「上へ」アドオンの「位置」では「Inner bar」はグレーで選択できません。

f:id:tablacus:20161207214918p:plain

最近できたアドオンが「Inner bar」が選択できるようになっています。

また、アドオンの表示順序はアドオンの順序になります。

 

無線LANで接続したアンドロイドのフォルダをネットワークドライブにする

今回はアンドロイドのフォルダをネットワークドライブにするを書いてみます。

WebDAVはもともとマイクロソフトで開発された技術なのでWindowsでも使うことができます。
しかし、アンドロイドのWebDAVSSLで接続されているのではないため、レジストリを変更してWindowsの設定を変更する必要があります。

この方法はレジストリを変更する必要がありますが、ネットワークドライブが割り振られるため、あふwやNyanFi、だいなファイラーといったそのままではMTP接続できないファイラーでも使えます。

※ Tablacus Shell Susie Plug-in (axshell) を使えば読み込みと閲覧はできましたが、削除や追加などの処理はできませんでした。

 

まず、Windowsレジストリを変更して、httpのWebDAVを使えるようにしましょう。
レジストリエディタを以下の場所を開きます。レジストリの変更は慎重に行ってください。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WebClient\Parameters

f:id:tablacus:20161117221655p:plain

BasicAuthLevelの設定を 2 に変更します。

f:id:tablacus:20161117215445p:plain

変更できたら、Windowsを再起動します。

アンドロイドにWebDAVサーバーをインストールして実行します。これは前回のTotal Commanderのプラグインを使った場合と全く同じです。

アンドロイドのプレイストアで「webdav server」で検索してWebDAV Serverをインストールします。

play.google.com

f:id:tablacus:20161110205510p:plain

WebDAV Serverを実行します。

f:id:tablacus:20161110205540p:plain

真ん中のボタンを押してWebDAVサーバーを開始します。

f:id:tablacus:20161110205624p:plain

サーバーを開始したら表示されるURLアドレスをメモします。

この場合は「http://192.168.0.106:8080」です。

では、このWebDAVをネットワークドライブ「W:」に割り振ってみましょう。

Tablacus Explorerで「F10」を押してファイル名を実行して実行を実行します。

net use W: http://192.168.0.106:8080/

net use コマンドでドライブ名とさっきメモしたURLアドレスを入力して「OK」をクリックします。

f:id:tablacus:20161117215832p:plain

ネットワークドライブが割り振られたら完了です。

f:id:tablacus:20161117215905p:plain

ネットワークドライブを削除するには

net use W: /delete

を実行します。

あふw

f:id:tablacus:20161117215944p:plain

NyanFi

f:id:tablacus:20161117220000p:plain

だいなファイラー

f:id:tablacus:20161117220707p:plain

 

無線LANで接続したアンドロイドのフォルダにアクセスする - Tablacus Explorer

WebDAVを使うと無線LANで接続したアンドロイド(Android)のフォルダにアクセスできるようになります。

まず、アンドロイドにWebDAVサーバーをインストールして実行します。

アンドロイドのプレイストアで「webdav server」で検索してWebDAV Serverをインストールします。

play.google.com

f:id:tablacus:20161110205510p:plain

WebDAV Serverを実行します。

f:id:tablacus:20161110205540p:plain

真ん中のボタンを押してWebDAVサーバーを開始します。

f:id:tablacus:20161110205624p:plain

サーバーを開始したら表示されるURLアドレスをメモします。

この場合は「http://192.168.0.106:8080」です。

次に以下のサイトからTotal CommanderのWebDAVプラグインをダウンロードします。

Total Commander - Plugins

WebDAVの隣の「32+64 bit」をクリックして「webdav.zip」をダウンロードします。

f:id:tablacus:20161110205850p:plain

ダウンロードした「webdav.zip」を適当なフォルダに展開します。

次にTablacus ExplorerでTotal Commander ファイルシステムプラグイン アドオンをインストールします。

まず、ヘルプ(H)→アドオンを入手

f:id:tablacus:20161110210144p:plainTotal Commander ファイルシステムプラグインの「インストール」をクリック

f:id:tablacus:20161110210219p:plain

左ペインの「アドオン」をクリックしてアドオン画面に移動し、Total Commander ファイルシステムプラグインの「オプション」をクリック

f:id:tablacus:20161110210356p:plain

「参照...」をクリック

f:id:tablacus:20161110210524p:plain

さっき展開したwebdav.zipの「davplug.uwfx」を選択して「開く(O)」をクリック

f:id:tablacus:20161110210601p:plain

成功すると情報欄に様々な情報が表示されるので、「追加」をクリック

f:id:tablacus:20161110210711p:plain

「OK」をクリック

f:id:tablacus:20161110210823p:plain

「OK」をクリックしてアドオンの追加が完了します。

f:id:tablacus:20161110210847p:plain

アドレス バーに「\\\WebDAV」と入力して「Enter」を押します。

f:id:tablacus:20161110211436p:plain

「Ctrl」を押しながら「K」を押してフォルダ作成画面を開きます。(最近インストールした方は「F7」でもOK)

f:id:tablacus:20161110212117p:plain

適当な名前を付けて「OK」を押します。

f:id:tablacus:20161110212248p:plain

設定画面になるので、メモしたURLアドレスを「Connect to」に入れます。

そして、Send/Receive accents in URLs as UTF-8 Unicodeにチェックします。(チェックしないと日本語ファイルが文字化けします。)

「OK」を押します。

f:id:tablacus:20161110212332p:plain

名前を付けたフォルダに移動するとアンドロイドのフォルダにアクセスすることができます。

f:id:tablacus:20161110212626p:plain

あとは適当なフォルダに移動したり、ファイルを取り出したり、入れたりできます。

f:id:tablacus:20161110212735p:plain

 

ListViewの一覧表示の幅を調整する

ListViewの一覧表示の幅を調整するには、ListView_SetColumnWidth で iCol を 0 にすれば設定できます。

しかし、バグだと思うんですが、最初の項目に移動しても半分切れて見えないみたいに左右がずれてしまう場合があるんです。
そんな訳でX-FinderとかTablacus Explorerでは以下のようなコードで対処しています。

ListView_SetColumnWidth(m_hwndLV, 0, 1);
ListView_SetColumnWidth(m_hwndLV, 0, nWidth);
ListView_EnsureVisible(m_hwndLV, ListView_GetNextItem(m_hwndLV, -1, LVNI_ALL | LVNI_FOCUSED), FALSE);

 
一度、幅を 1 にしてから指定したい幅を指定しています。そして、フォーカス位置に表示位置を移動しています。

今回のTablacus Explorerの調整でx64で一覧表示の際に自動的に文字列の最も長いものにあわせるのが上手くいかないので自前で幅を設定するようにしたら、このおかしな動作が出たのでした。
そういえば、X-Finderでもなにか対処した覚えがあったなと思い出して、対処方法をソースを引っ張り出してきました。

詳しくは Tablacus Explorerのソース をご覧ください。

Total Commander ファイルシステムプラグイン アドオン - Tablacus Explorer (9/15追記あり)

Tablacus ExplorerでTotal Commanderのファイルシステムプラグイン(File system extensions)が使用できるようになりました。

TE64.exeの場合は64bit版のwfx64、TE32.exeの場合は32ビット版のwfxを使用します。

Total Commander - Plugins

上記サイトで[32+64 bit]の物は32bit版、64bit両方対応しています。

適当なフォルダにダウンロードしたプラグインを展開して置いておきます。

アドオンのオプションを開いて「wfx」ファイルを指定するために「参照」ボタンを押します。

f:id:tablacus:20160915234625p:plain

wfxファイルを選択すると以下の様にパスにwfxのパス、名前に名前が入ります。

※64bit版の場合もwfxを選択してください。(但し実行の際にはwfx64が読み込まれます)

「追加」を押して追加します。

f:id:tablacus:20160915234816p:plain

wfxの対応している機能が「情報」に表示されます。

f:id:tablacus:20160915234927p:plain

「OK」を押すと完了です。

では、ファイルシステムプラグインを使ってみましょう。アドレスバーに「\\\」を入力します。

f:id:tablacus:20160912234936p:plain

ここにインストールされているファイルシステムプラグイン(FSプラグイン)が表示されます。

CloudをダブルクリックするとCloudプラグインに入ります。

f:id:tablacus:20160912235111p:plain

新しい接続先を作るにはフォルダを作ります。(F7はTotal Commanderのフォルダを作るキーです。)

Tablacus Explorerの場合はデフォルトで「Ctrl+K」です。ただ、ここで接続先を作ったり、削除したり、訂正するには、このプラグインの仕様でTablacus Exploererを管理者で実行している必要があります。

通常権限で実行している場合は、管理者権限で実行し直してください。

Total Commander ファイルシステムプラグイン 1.01からは設定ファイル(ini)の保存場所の設定を行うように調整できたので管理者権限で実行する必要はなくなりました。

(9/15追記)

f:id:tablacus:20160912235433p:plain

新規フォルダを作成するダイアログで接続先の名前を入力したら、「OK」を押します。

f:id:tablacus:20160912235528p:plain

接続先のダイアログが表示されます。接続先とユーザー名を入力してください。

□Store login credential はチェックしない方が良いと思います。まだ、このTablacus Explorerのアドオンで暗号化して保存する機能を作成していないので、Tablacus Explorerを終了するとパスワードはディスクに保存されません。

「OK」を押すと接続先ができます。

f:id:tablacus:20160912235933p:plain

できたフォルダでクラウドドライブに接続できるようになります。

このフォルダを作ってしまえば、管理者権限でなくても問題なく使えるようです

 

他にもLinuxのドライブをそのまま覗けたり、WebDAVのドライブがマウントできたりするプラグインがあります。

エクスプローラの機能を使ってもWebDAVにアクセスできますが、Total Commanderのプラグインの方が快適に使用できました。

また、プラグインによって管理者でしか動かないものや、管理者権限でないとアクセスする情報が減ったりするものがありました。(ドライブを直接覗くなどシステムに深く関わるプラグインLinuxのドライブが見えたりするもの等)

ただ、管理者権限で使うとドラッグ&ドロップなどの他のソフトとの連携に問題がでるのでずっと管理者という使い方はおすすめできませんが…

 

(9/15追記)

Total Commander ファイルシステムプラグイン 1.01からは設定ファイル(ini)の保存場所の設定を行うようにしたので、前のバージョンで保存した情報がそのまま読み込めません。

古い情報は「C:\Winodws」に保存されています。そのiniファイルをTablacus Explorerのconfigフォルダに移動してください。

 

Cloud プラグイン → tccloud.ini

WebDAV プラグイン → tcwebdav.ini

SFTP プラグイン → sftpplug.ini

 

Tablacus Explorerのconfigフォルダ開く方法はヘルプ(H)→configでOKです。

f:id:tablacus:20160916000328p:plain