読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タブファイラー開発ブログ

Tablacus ExplorerやX-Finderの作者のブログ

Total Commander 圧縮プラグイン アドオン - Tablacus Explorer

Tablacus ExplorerでTotal Commanderの圧縮プラグイン(Packer extensions)が使用できるようになりました。

TE64.exeの場合は64bit版のwcx64、TE32.exeの場合は32ビット版のwcxを使用します。

Total Commander - Plugins

上記サイトで[32+64 bit]の物は32bit版、64bit両方対応しています。

適当なフォルダにダウンロードしたプラグインを展開して置いておきます。

アドオンのオプションを開いて「wcx」ファイルを指定するために「参照」ボタンを押します。

f:id:tablacus:20160904225016p:plain

wcxファイルを選択すると以下の様にパスにwcxのパス、名前に名前が入ります。

※64bit版の場合もwcxを選択してください。(但し実行の際にはwcx64が読み込まれます)

「追加」を押して追加します。

f:id:tablacus:20160904225118p:plain

正しくインストールされているか確認するには「オプション...」を押します。

f:id:tablacus:20160904225535p:plain

エラーが表示されなければOKです。

「OK」を押すと完了です。

f:id:tablacus:20160904225616p:plain

フィルタは空欄でOKです。扱うファイルを限定したい場合にのみ指定して下さい。

 

Total Commanderの圧縮プラグインは統合アーカイバSusieの書庫プラグインと同じような感じですが、公式にユニコードや64bitに対応していたり、統合アーカイバみたいに個別対応する必要がなかったりする辺りがメリットですね。

もちろん削除や圧縮にも対応しています。

実装に関してはSetProcessDataProc等をしっかり使っておかないとコールバックがないのにコールバックしてしまうプラグインが結構あり動作が不安定になったのでハマりました。

PackFilesやDeleteFilesの際にはhArcDataをINVALID_HANDLE_VALUE(-1)にしてSetProcessDataProcを呼んでいます。

 

ファイルシステムプラグイン(File system extensions)の方も要望が来ていて面白そうな拡張が多いので対応したいと思っています。