読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タブファイラー開発ブログ

Tablacus ExplorerやX-Finderの作者のブログ

Shell execute hook アドオン - Tablacus Explorer

このアドオンは「エクスプローラの代わりに開く」に類似したアドオンです。

レジストリに登録するので、Tablacus Explorerを開いていない場合も動作します。

但し、レジストリに設定を書き込み、System32フォルダにdllファイルをコピーしますので、ポータブルで使いたい方は使用しないでください。

 

f:id:tablacus:20160728230550p:plain

設定はShell execute hookアドオンのオプションで行います。

EnableShellExecuteHooksと32bit、64bitのフックしたいものにチェックし、パスにTablacus Explorerを指定します。

OKを押して設定を変更するとUACの許可ダイアログや次のダイアログが表示されます。

f:id:tablacus:20160728230944p:plain

PCを再起動すると設定が適用されます。

 

※このアドオンのアンインストール方法

すべてのチェックをオフにしてパスを空にしてOKを押してください。

 

★Tips

このアドオンを設定後はアドオンがインストールされていますので、このアドオンを削除してもかまいません。

このアドオン削除後にアンインストールする場合はもう一度、アドオンをインストールして、オプションから上記のアンインストール処理を行ってください。

 また、アドオン設定画面で無効化しても無効化されません。

 

TE32.exeを実行している場合は64bitのチェックは変更できません。

64ビットWinodwsの場合は32bitにチェックで32bitアプリ、64bitにチェックで64bitアプリから起動するエクスプローラを監視します。

 

パスにTablacus Explorerの代わりにX-Finderのパスを入れるとエクスプローラの代わりにX-Finderが起動します。

 

Shell execute hookを使っていない場合はエクスプローラが起動します。その場合は「エクスプローラの代わりに開く」も併用してください。

選択が無い場合はフォーカス項目を選択して実行する - Tablacus Explorer

某所で{Enter}を押した際に選択が無くても、フォーカス項目のフォルダに移動したいという要望があったので作ってみました。

 

・選択が無い場合はフォーカス項目を選択して実行する

var Selected = FV.SelectedItems();
if (!Selected.Count) {
  FV.SelectItem(FV.FocusedItem, SVSI_SELECT);
}
te.OnDefaultCommand(FV);

 

f:id:tablacus:20160716211641p:plain

ちょっとしたスクリプト2016年4月 - Tablacus Explorer

某所で要望があった機能をスクリプトで書いてみました。

 

・ファイル群とフォルダ群の境目にジャンプ

var FV = GetFolderView(Ctrl,pt);
var Items = FV.Items();
var bFolder = !IsFolderEx(Items.Item(0));
var nIndex = Math.floor((Items.Count - 1) / 2);
var nDiff = nIndex;
while (nDiff) {
  if (bFolder ^ IsFolderEx(Items.Item(nIndex))) {
    nIndex += nDiff;
  } else {
    nIndex -= nDiff;
  }
  nDiff = Math.floor(nDiff / 2);
}
while (bFolder ^ IsFolderEx(Items.Item(nIndex))) {
  nIndex++;
}
FV.SelectItem(Items.Item(nIndex), SVSI_SELECT | SVSI_DESELECTOTHERS | SVSI_ENSUREVISIBLE | SVSI_FOCUSED); 

 

f:id:tablacus:20160404232159p:plain

ユーザースタイルシート(css) アドオン - Tablacus Explorer

Tablacus Explorerではタブ、ツリー、リスト以外の部分はスタイルシート(css)を使ってデザインを変更することができます。

※アドオンのタブプラスを使うとタブの部分もOKになります。

 

index.cssを直接書き換えもできますが、それだとアップデートの度に元に戻されてしまうので、ユーザースタイルシートアドオンを使います。

 

f:id:tablacus:20160317232835p:plain

上記の例では。入力ボックスの角丸とメニューの上にマウスを持って行った場合の色を変更しています。

f:id:tablacus:20160317232957p:plain

HTMLやCSS等に慣れた方向けのアドオンです。

フィルター リスト アドオン - Tablacus Explorer

フィルター リスト アドオンはフィルタ(ワイルドカード正規表現)を選んで実行できるようにします。

フィルター バーや Innerフィルター バーの「漏斗」アイコンをクリックするかフィルタ ボタンを右クリックすると設定した一覧が表示され選んで実行します。

f:id:tablacus:20160224221344p:plain

■設定方法

ヘルプ(H)→アドオンを入手...から「フィルター リスト」を入手したら、ツール(T)→アドオン(A)...からアドオン一覧を表示します。

f:id:tablacus:20160224221854p:plain

フィルター リストの「オプション...」をクリック

f:id:tablacus:20160224221932p:plain

フィルター リストのオプション画面が開いたら「追加」をクリック

f:id:tablacus:20160224222022p:plain

名前欄に適当な名前、フィルタにフィルタを入力します。

ここでは名前に「スクリプト」、フィルタに「*.js;*.vbs」と入力しました。

複数ワイルドカードは「;」で区切って入力します。

f:id:tablacus:20160224222203p:plain

正規表現でフィルタする場合は「/」で囲み必要であれば後ろの「/」の後に正規表現のオプションを設定します。

f:id:tablacus:20160224222329p:plain

※Tablacus Explorerのフィルタと書かれた項目はだいたいこんなかんじで正規表現でも指定することができます。

最後に「OK」を押せば完了です。

不具合の報告の際には……

不具合の報告の際には環境や具体的な操作方法などをなるべく詳細に教えて下さい。
開発にさける時間がどうしても有限なので考慮していただけると幸いです。

例えば、「大きいファイルを移動すると何かエラーが出る」だけだといろいろと情報不足になります。

■1:環境
まず、OS等の情報がありません。この辺りはTablacus Explorerではツール(T)→オプション(O)
の画面に「情報」があるのでそこをコピー&ペーストしてください。
 

f:id:tablacus:20160213214819p:plain

TE32 16.2.10 Win 10.0.10586 Wow64 WS 300 IE 11 ja_jp

  • TE32は32ビット版のTablacus Explorer
  • 16.2.10はTablacus Explorerのバージョン
  • Win 10.0.10586Windowsのバージョン
  • Wow64は64ビット版WindowsでTE32を動かしている
  • WS 300Windowsのモード(HOME、PRO等)
  • IE 11Internet Explorerのバージョン
  • ja_jpは言語
後は使っているアドオンを教えていただけると幸いです。今回の場合はファイル操作関係なので、それに関連するアドオン、「マルチスレッド」「マルチプロセス」「FastCopy」「Fire File Copy」等の使用有無が特に重要です。

■2:操作方法
不具合の出る操作方法がある程度わかっている場合、具体的な操作方法を教えてください、
上記の「ファイルを移動」では「ドラッグ&ドロップ」で移動したのか、「カット&ペースト」で移動したのか等が分かりません。
ドラッグ&ドロップで一所懸命調べていて何もなく、カット&ペーストで問題があった事がありまして、こちらではあなたの操作方法が分かりませんのでよろしくお願いします。

■3:数値
大きいファイルといっても、あなたの感覚は分かりませんので、ある程度、4MB程度など具体的な数値をお願いします。

■4:情報
何かエラーだけだと、エラーメッセージが不明です。エラーメッセージがわかるとどこに問題があるのか分かるのが早くなる可能性があります。

という訳で、不具合の報告の際には不具合箇所の特定に役立つので環境や操作手順などの具体的な情報をできるだけ詳しくお願いします。

ラベル SQLite ODBC Driver アドオン - Tablacus Explorer

ラベル SQLite ODBC Driver アドオンは SQLite ODBC Driver を使ってラベルを管理するようにするアドオンです。

このアドオンを使うには SQLite ODBC Driver をインストールする必要があります。

ラベル SQLite ODBC Driverのオプションを開いてSQlite ODBC Driverを入手をクリックします。

f:id:tablacus:20160111225859p:plain

SQLite ODBC Driverの配布ページがブラウザで開くのでTE32.exeを使用する場合はsqliteodbc.exe を TE64.exeを使用する場合は sqliteodbc_w64.exe をダウンロードしてインストールしてください。

f:id:tablacus:20160111230429p:plain

f:id:tablacus:20160111230552p:plain

SmartScreenの画面が表示されたら「詳細情報」をクリック

f:id:tablacus:20160111230751p:plain

実行をクリック

f:id:tablacus:20160111230804p:plain

インストーラーが起動したら「Next」をクリック

f:id:tablacus:20160111231027p:plain

I Agreeをクリック

f:id:tablacus:20160111231212p:plain

インストール場所を指定して「Next」をクリック

f:id:tablacus:20160111231330p:plain

Installをクリックするとインストール開始します。

f:id:tablacus:20160111231816p:plain

インストールが完了しました。

f:id:tablacus:20160111231905p:plain

ラベル SQLite ODBC Driverを使用した場合、configのlabel.dbにラベル情報を保存するようになります。label.dbが存在しない場合は従来のラベルアドオンの管理ファイルlabel.tsvからラベルデータを変換します。

ラベル SQLite ODBC Driverのオプションの「読み込み」で従来のラベルアドオンの管理ファイルlabel.tsvからラベルデータを読み込んで変換します。

逆に「保存」でlabel.tsvに変換して保存します。

※label.tsvはパスとラベルのタブ区切りのCSVファイルです。