読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タブファイラー開発ブログ

Tablacus ExplorerやX-Finderの作者のブログ

フォルダ設定の使い方 - Tablacus Explorer

親のフォルダは一覧表示
その下の子フォルダはすべて特大アイコンで表示させる方法

 

まず、アドオンの「フォルダ設定」をインストールします。

 

ヘルプ(H)→アドオンを入手

f:id:tablacus:20150129205006p:plain

 

ダイアログが表示されたら、入力フォームに「フォルダ設定」と入力して「フィルタ」ボタンをクリック

f:id:tablacus:20150129205016p:plain

 

「フォルダ設定」の「インストール」をクリック

f:id:tablacus:20150129205034p:plain

 

「インストールしますか?」が表示されたら「OK」をクリック

f:id:tablacus:20150129205048p:plain

 

「OK」をクリックすれば、インストール完了です。

f:id:tablacus:20150129205058p:plain

 

次にフォルダ設定を行います。

 

親フォルダに移動して、表示(V)→一覧(L)を選択

f:id:tablacus:20150129205115p:plain


表示(V)→このフォルダーをカスタマイズ(F)...を選択

f:id:tablacus:20150129205216p:plain

 

ダイアログが表示されたら「追加」をクリック

f:id:tablacus:20150129205229p:plain

 

「OK」をクリック

f:id:tablacus:20150129205245p:plain

 

「置き換えますか?」が表示された場合は「OK」をクリック

f:id:tablacus:20150129205302p:plain

 

子フォルダの一つに移動

f:id:tablacus:20150129205322p:plain

 

表示(V)→特大アイコン(X)を選択

f:id:tablacus:20150129205343p:plain

 

表示(V)→このフォルダーをカスタマイズ(F)...を選択

f:id:tablacus:20150129205358p:plain

 

フィルタの子フォルダの名前部分を「*」に置き換えて、「追加」→「OK」を押せば完了です。
今回の場合は「C:\Program Files\tablacus\explorer\addons」を「C:\Program Files\tablacus\explorer\*」に置き換えています。

f:id:tablacus:20150129205414p:plain

この様にパターンがわかっている場合はアドオンの「フォルダ設定」が便利です。

勝手に今の状態を覚えて欲しい場合はアドオンの「フォルダの表示設定を覚える」をインストールして下さい。